FC2ブログ

PC故障

突然愛用のデスクトップPCが逝ってしまいました。いや、予兆はあったので突然ではないか。

とにかく写真もデータもバックアップし切れていません。HDDからサルベージ出来ればよいのですが。

まだ纏めてないコミュニティFMの返信状況とか、ブログのネタが飛んでしまわないことを願うばかりです。
スポンサーサイト

76.7MHz

週末、長野へ行く際、例によって関越自動車道は事故渋滞。もう毎度毎度、関越は事故渋滞で参ります。今回も、所沢インターを過ぎたあたりで渋滞が始まりました。

気晴らしにカーラジオを付けて、プリセットした周波数をザッピングします。ちょうど三芳サービスエリア横をゆっくりと通過している時に、76.7MHzで明らかに地元局ではない信号の強さでトークが聞こえてきました。
反射的に「ああ、朝霞のコミュニティFMだな」と思い他のチャンネルに移動しましたが、よく考えると朝霞は八王子と同じ77.5MHzに変更したので別局です。ということは何だ??

いくら渋滞していても、さすがに周波数リストを広げる訳にはいきません。自宅周辺では76.7MHzでは市原のコミュニティFMと、東京FMの新島中継局のどちらかが聞こえますが、さすがに埼玉ではそのどちらでもないな、と思いつつ気になりました。

実家到着後に確認すると、それらしいのは太田市のFM TAROか鴻巣市のフラワーラジオ。距離的には鴻巣かなという気がしましたが、太田も広範囲に聞こえている局ですのであながち可能性がない訳ではありません。

ということで、帰り道に復習。花園インター手前で76.7に合わせると、まずは鴻巣が優勢。花園を通過した途端に太田が優勢になり、その後しばらくは太田の単独入感。嵐山小川インターあたりで鴻巣が強くなることが増え始め、東松山インターからは圧倒的に鴻巣。しかし時折太田が浮かび上がってきます。
東松山インターを過ぎるとさすがに太田が苦しくなりますが、時折「隙あらば」という風情で上昇してくることがありなかなかしぶとい。で、川越インターを過ぎるあたりからは鴻巣も弱くなり始め、一瞬ゴチャゴチャに。しかもこのあたりでちょうど正時を迎え番組が変わってしまいました。ただ幸いなことに鴻巣も太田も独自番組を流しており、鴻巣の方は何とかID確認。で、三芳サービスエリア付近で聞こえていたのは、やはり鴻巣でした。それでも川越より南でも太田が聞こえてくる場所もあり、噂通り広範囲に電波が飛んでいるようです。


で、実は往路はチェックを忘れていたのですが復路では忘れずに。76.7MHzの確認の合間に、花園インターを過ぎてからは時々87.6MHzをチェックしてみました。熊谷市のクマガヤFMの周波数です。1月末に予備免許が交付されているので、そろそろ試験電波が出てもいい頃だと思うのですが、まだのようです。

2/24 横川サービスエリア上り線

2/23-24の週末に長野の実家に行ったもののラジオは全く聞かずに終わったので、帰る途中に立ち寄った横川サービスエリア(群馬県安中市)でFMをチェック。

受信機:VXM-184VFi
アンテナ:カーラジオ用アンテナ
受信日時:2019/02/24 16:05-16:30
受信場所:上信越自動車道横川サービスエリア上り線

76.2 (ラジオ高崎) 2
76.7 FM太郎 4 ステレオ
76.9 (いせさきFM) 3-4 ステレオ
77.3 (ラヂオななみ) 2
77.5 FM軽井沢 4 ステレオ
78.0 bay FM 4-5 ステレオ
78.3 (レディオベリー(足利)) 3-4 ステレオ
79.5 Nack Five 3 ステレオ
79.7 (FM長野) 4-5 ステレオ
80.0 (東京FM) 4-5 ステレオ
80.3 NHK(宇都宮) 1
80.5 NHK(榛名) 1
80.7 NHK(千葉) 4 ステレオ
81.3 J-WAVE 4-5 ステレオ
81.6 NHK(前橋) 5 ステレオ
81.9 NHK(横浜) 2
82.5 NHK(東京) 3 ステレオ
82.9 NHK(葛生) 3 ステレオ
83.2 NHK(水戸) 4 ステレオ
83.5 NHK(秩父) 2
83.7 NHK(足利) 3-4 ステレオ
84.0 NHK(長野) 4-5 ステレオ
84.4 (レディオベリー(葛生)) 2-1
84.5 前橋CITYFM 2-1
85.6 不明局(JFN) 2
86.3 (FMぐんま) 5 ステレオ
87.0 不明局(JFN) 4 ステレオ
88.0 (FMぐんま(万場)) 1
89.0 NHK(三波川) 1
90.5 TBS 4 ステレオ
91.1 栃木放送(足利) 1
91.6 文化放送 4 ステレオ
92.2 信越放送 3 ステレオ
93.0 ニッポン放送 2-3 モノ/ステレオ
94.6 茨城放送 3 ステレオ

駆け足でしたので推定が多いです。でもたぶん、ほぼ合ってると思います(ww
万場、三波川といった聞きなれない地名が出てきたので検索してしまいました。随分と山奥ですが、かつて日航機墜落事故があったあたりのようです。山に囲まれて、ラジオも聞きにくい場所ではないかと思います。
おおっ、と思うような局は目に付きませんでしたが、85.6と87.0でJFNのネット番組が受信出来ました。リストを見てもそれらしい局はなし。87.1にFMぐんま鬼石がリストされていますが、何度も確認しましたが87.0です。それに鬼石にしては強すぎる。この2つ、今後の宿題です。群馬県のCFMは4局、上里サービスエリアの方がCFMの数は増えそうです。

CS-106

ラジオマニア界隈では、先般発売されたRADIWOW R-108という、XHDATA D-808の弟分のようなラジオの話題で奮っていますが、それに先立つ2月の連休前、CS-106というラジオをアマゾンで購入しました。

ちょうど1年ぐらい前にTwitterで結構話題になった格安ラジオです。
その時はHAPPY CS-106というネーミングのラジオが売られていましたが、現時点ではAmazonで検索すると3種類のCS-106がヒットします。で、値段もビミョーに違うのですが、たぶんモノはみんな一緒です。
その3種類のCS-106のうち一番安く売られていたものが更にタイムセールで安くなっていたので購入してみたという次第です。

まあ当時から結構な方がブログで紹介されておりますので、いまさら改めてこのラジオの性能レビューをしたところで、と思います。そこで自分で購入して初めて知ったこと、印象をいくつか書いてみます。

まず、思った以上に小さいです。非常に小さい。
小さいラジオがコンパクトにパッキングされて届くので、ブツはメール便で届きました。はい、ポストに入っていました。
その日の朝、娘に「荷物が来るから受け取っておいてくれ」と頼んだのですが無用でした。
DSC_2986_2.jpg

箱の横に□GRAY □BLACK □AM STEP:9K □AM STEP:10Kの文字。
DSC_2987_2.jpg

今まで「中波は10kHzステップに出来ない?」というブログ記事を読んでいましたが、まあそんな訳はないよな、と思っていたので、やはり方法はあるようです。
しかしカラーバリエーションは、見たことがありません。グレー版があるのでしょうか??

なんとなく形が似ているTECSUN PL-606と並べて比べてみましたが、一回り小さいです。
DSC_2989_2.jpg

同梱されていたのはステレオイヤホンと、USBケーブル。簡単な説明書。
DSC_2988_2.jpg

説明書によれば、中波の9kHzと10kHzのステップを切り替えるには、電源をオフにしてMWボタンとM+ボタンを同時に押すと切り替えられると。早速やってみましたが、MWとM+を同時に押しても切り替わりません。そのまま押し続けているとディスプレイに9kHzと現在登録されているステップ幅が表示されます。TUNINGボタンで上下すると9kHzと10kHzを行ったり来たりします。設定したいところで止めればOK。しかしMWとM+の同時押し、何度かやってみましたが本当に反応が悪いです。

電池は余剰になっていたエネループを入れましたが、電池を入れようと電池ボックスをあけると、スピーカーの裏側が。作りの安い製品です。
DSC_2992_2.jpg

受信性能ですが、中波、短波はこの値段のラジオに期待する方がどうかとは思いますが、韓国や中国の放送は聞こえているようです。FMについては「安物でもDSP機だし」ということで値段以上の期待をしていたのですが、、、、値段相応でした。
実際に自宅の庭でFMを聞いてみると、いくつかの周波数で84.7MHz FMヨコハマの混変調が出てしまいます。また相互変調もそこかしこに出ていて、基本的にはローカル局を聞くのが精いっぱいのような気がします。
ただ、自宅で聞こえる65.15MHzのNHK第一放送、静岡県内のNHK中継波のようですが、信号そのものはCS-106でもD-808でも遜色のない聞こえ方でした。大きな期待をしなければまあまあ楽しめる一台ではないかと思います。

83.0MHz FM FUJI 甲府局

今朝もいつものようにカーラジオでFMを聞いていました(@横浜市都筑区)。
さてどこの局のIDを記録しようかな、ということで83.0MHzの市川うららFMをチェック。弱いながらも音楽が聞こえていたのでスマホを構えていると、途中から別の局がスーっと上がってきます。「山梨のニュース~」と言っているのでFM FUJIです。9:00の時報の前に女性のFM FUJIのアナウンス。


※0:20ぐらいから急に別局の女性トークがかぶってきます。IDに続き時報。
※録音レベルがやや低めなのでボリュームを少し上げて聞いてみてください。

カーラジオが周波数リストから「FM-FUJI」の表示をしていたので絡んできたときからFM FUJIだという察しはつきました。しかし横浜ではこの周波数のFM FUJIは私は初受信です。