FC2ブログ

群馬県でBSN新潟放送ワイドFM

しばらくブログ報知、いや放置になってしまいました。

年末年始、長野へ帰省しましたが家族の都合がつかず一人での帰省になりました。

往路、関越道の上里SAを過ぎて上信越道に入りますが、以前家族に運転してもらった際にすごく天気が良くて、藤岡~横川の区間のどこかで武尊や苗場山?まで見えたのを思い出しました。
で、どこかで新潟のFM局を受信できるチャンスがあるのではないか?という思いが頭をよぎります。

で、77.5MHzに合わせてみると、軽井沢のコミュニティFM。これではダメなので92.7MHzに合わせて車を走らせます。

最初は雑音だけだったのが、吉井ICの手前2キロぐらいから途切れ途切れながらもラジオ放送が聞こえてきました。
しかし結局は吉井ICを過ぎてしばらくして何も聞こえなくなってしまいました。

それならば、と帰りもチャレンジ。
松井田から周波数を92.7MHzに合わせて走りますが、聞こえるのはノイズだけ。
甘楽PAを過ぎて、吉井まであと2キロというところでガツンと聞こえてきました。
往路と同じように、途切れ途切れにはなるものの、新潟放送のアナウンスも確認。

非常にシビアな受信状態ではありますが、吉井インターを中心に前後2キロ程度の場所では新潟からのパスが通る場所があるようです。

以前BSNワイドFMを受信してレポートを送った際に、送信地点と受信地点の地形図を送っていただきました。
今回の受信地点はどこで回析しているのでしょうか?

DSC_0523-2.jpg
スポンサーサイト



夏休み

9月20日から遅い夏休みをとって海外に行ってきましたが、出発前に羽田空港の展望デッキでヒマつぶしにFMを聞いてみました。

ツイッターへの投稿から
>羽田国際線ターミナル展望デッキ、FMは83.0がガツンと聞こえてきて一瞬『なんだこれ?』って思ったが、市川だった。
>江戸川はよく聞こえるけどレインボータウンはカツカツ、木更津も思ったほどじゃない。84.0の中央区、88.9の品川が良好。

これ、展望デッキの左よりの方で聞いた結果で、その後ちょっと移動してみました
>場所を変えてアクアラインの換気穴が見える場所に来たら、木更津はガッツリ来た。
>レインボータウンも強いけどJ-WAVE港が邪魔。78.9で葛飾が聞こえる。

レインボータウンFMは88.5MHzですね。去年の秋、愛宕山で聞いた時はさほどJ-Waveは気にならなかったのですが、送信所に西側だと影響が出ますね、やっぱり。

真剣に聞けばもっとCFM局が聞こえたと思いますが、暑くて早々に退散したためこんなもんです。
ツイッターに出さなかったものとしては、76.7の市原、84.3の江戸川なども聞こえていました。

山陰放送ベリカード

今年のゴールデンウィークに聞いた山陰放送からベリカードが届きました。

DSCPDC_0001_BURST20190903235353604_COVER2.jpg

山陰放送からの初のベリカードです。
これまで自宅では、それらしき局が混信の中から短時間上がってくるのを受信したことがあった程度で、受信報告書を書けるほどには受信できていませんでした。
しかし20年近く前に家族で新潟の上越方面に遊びに行った際、直江津から国道8号線を富山方向へ走っているときにカーラジオをたまたま900kHzにすると山陰放送が受信できることに気づきました、しかも昼間に。いつかこれを受信に行こうと思い幾年月、ついに今年のゴールデンウィークに念願叶ったというところです。なお同周波数の北海道放送函館局も結構混信してきます。

これは、海岸線を伝って伝搬してきているのではないかと昔から思っています。海の上というよりは海岸沿いを伝わってきているのではないかと。山陰放送も北海道放送も、です。千葉県銚子で日中に岩手放送684kHzが受信できるのも同じような伝搬なのではないかと思います。もちろん、何の根拠もありません。

いずれにしても、やっと山陰放送のベリカードを手にすることが出来たのがうれしいです。

北海道のFM局 Eスポ受信

8/12、いつものように仕事に行く娘を車で送った後、毎度の場所でカーラジオを聞いてみました。

聞きなれない周波数で何か聞こえます。なんだろうなあと思っていると、中国語でした。
まだまだEスポ出てるんだな~と思いつつ、周波数を76.1MHzにしてみると「何か」が弱く聞こえます。日本語です。
しかしかろうじて日本語ということがわかる程度で話の内容はわからなかったのですが、聞いていると徐々に浮かんできて「高校野球の話題」といいつつ前日に試合があった南北海道代表の北照高校の話のみ。どうやら北海道のコミュニティFMではないかと。この周波数には釧路、帯広、稚内、岩見沢のコミュニティFM局がリストされています。そのほか、音になるかならないか程度で77.1MHzでも何か聞こえていました(富良野のCFMがリストされています)。

パワーのないCFMが聞こえるなら県域局(という表現は微妙?)はどうなんだ、と思いましたが、北海道のFM局はこちらではEスポが出てもものすごく聞きづらいです。AIR-G本局の80.4MHzにはFM横浜小田原中継、FMノースウェーブ本局の82.5MHzにはNHK東京と、ローカル局がいます。もっとも同じ関東でも神奈川県以外ではFM横浜の影響は小さいでしょうが。中継局も強力局に近い周波数が多く、受信は難しそうです。しかしそんな中、FMノースウェーブの旭川局79.8MHzが一番可能性があるかな?と思い合わせてみると、確かに何か受信できます。しかし非常に不安定で、09:00のタイミングでID確認できませんでした。しかしこれがノースウェーブなら、私はEスポでは初受信の局。AIR-Gの方は30数年前のまだFM北海道と称していた時代に、埼玉でEスポ受信してベリカードをもらっています。

76.8MHz

埼玉方面にアッシー君、いやドライバーとして行ってきました。
道中、カーラジオでFMを聞いてみましたが、これといったEスポの発生はなし。しかし、11:00過ぎに府中街道を川崎から府中に入る手前で76.1MHzで何かが急上昇。
76.1MHzと言えば北海道のコミュニティFMや福岡のLove FMなど、Eスポのターゲットが各方面にある魅惑のチャンネルです。
ただ、強力に入感したもの束の間、是政橋を渡って府中市内に入るとサッパリ。

そこで競馬場横あたりから徐々に周波数を上げていくと、76.8MHzで謎の電波。この周波数ですぐに思い当たる局はないため、なんか色めき立ちます。田原俊彦さんの新曲を本人が紹介してたり、これはコミュニティFMっぽくないなぁと思いつつ、東京FM、J-Waveとチェックするも別番組。なんだろう、と思って聞いていると、どこかで聞き覚えのあるBGMと交通情報。チェックの範囲を広げてみると、、、なんと千葉のbay fmでした。

bay fmの周波数を信号待ち時に検索すると、この周波数は使っていない。うーん、何なんでしょう。ケーブルテレビの再送信の漏洩電波??
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
はい、ドンピシャでした。うーん邪魔だねこれ。
https://tvguide.myjcom.jp/channels/fm/