FC2ブログ

630kHz KUAM

10/2、またまた会社の帰りに歩きながらSRF-DR2Vで630kHzを聞いてみると、17:50前、結構いい感じで英語トークが聞こえる。英語はAussieではなくAmerican、といってもAFNで聞くものとは若干違う感じ。ってことで、鶴見川の川べりでそのまま聞いていると、う~ん、17:55ぐらいから信号が落ち始め、肝心の正時にはちょっと苦しい状態。18:00にはバックから更に弱々しく4QNと思われるABC Newsのテーマ曲が聞こえてきたので、間違いなくKUAMだなと思いつつ、18:00を過ぎたらゴチャゴチャになってきて、聴取終了。

DSC_2431_2.jpg

翌10/3、また同じ時間に聞いてみると、前日と同じような英語トーク。しかし、またしても17:50を過ぎるとスーっと信号が落ちてしまい、正時のアナウンスは聞き取れず。しかし前日よりABC Newsのテーマ曲がクリアに聞こえてどこか満足げな気も。この日は18:00を過ぎると韓国語が上がってきたので、そこで打ち止め。ちなみにここの韓国局はKBSかな。

正直、SRF-DR2Vではサイドからのガサガサという混信が煩いです。ということで思いあまって10/4はPL-380を持参してみました。でもよく考えたら混信が切れてもAMナローの音は苦手なんだよな。まあでもどうなるか。
鶴見川の橋に到着してみても、630kHzは何か音になってきません。18:00前になって、かろうじて英語とわかる程度の状態。コンディションが悪いのかラジオのせいなのか。。。PL-380って短波でもそうですが、微弱な電波が出ている周波数ではミュートがかかったような音になるような気がします。私の持っている個体固有の問題かも知れませんが、DSPのせいかとも思っています。ただ国内中波を聞く限りは普段とあまり変わりないような。どうなんでしょうね。この日は十五夜でしたので、月を愛でつつのラジオとなりました。

10/5はまたSRF-DR2Vに戻しチャレンジ。やはり17:50頃の状態はよくありませんが、17:55頃から信号が上がってきます。この分なら確認できる?と思っていると、18:00前にはそれらしいアナウンスはなし。18:00を過ぎても単独入感だったのでそのまま聞いていると、18:02頃に複数回KUAMのアナウンスを確認。ちょっとホッとしました。まあKUAMに間違いないんだけど、確認しないのはどこか気持ち悪かったので。なおこの日はABCニュースのテーマ曲は聞こえずでした。

そもそもSRF-DR2Vで聞こえることに面白味を感じていたので、PL-380を持ち出したのは逆にどこかつまらなくしてしまったかも。なおPL-380を持参には10/4はKUAMが聞こえなかったのでFMのチェックをしたのですが、それはまた別途。
スポンサーサイト



退勤時受信

今日は久しぶりにSONYのラジオSRF-DR2Vをカバンに入れて出勤。
朝、インターFMを聞くときはスマホのチューナーを使っていますが、ローカルFM局を聞くにはこれで十分。何よりインターFM横浜中継は職場からは最も送信設備が近い放送です。ラジコはどうもタイムラグが気になってしまって、、、

さて、帰宅時に会社から駅まで歩く道中に、久しぶりに中波を聞いてみました。



明るさがやや残る空、海外局が聞こえてくるにはまだ少し早い18:00。
900kHzでは北海道放送函館局がかなり強い。なんとか了解できる程度にもう一局、高知放送かな。1107kHzは信号が弱いもののクリアに聞こえて、石川の北陸放送かと思いきや「鹿児島県の~」「カレーフェスタin鹿児島」とか言ってる。えっ、って思って聞いていると、やはり南日本放送。南日本放送のベリカードは昔貰いましたが、これは大人ぢからを使って九州で聞いたもの。何気に横浜では初めて確認したかも。結構聞こえているなあ。で、そうこうしてたらいつもチェックする630kHzを聞くのを忘れてしまいました。SFR-DR2V単体でも、グアム、フィリピン、オーストラリアの受信実績があります。

先日、四国放送からもらったベリカードは3年ぶりぐらいの国内中波のカード。補完FMでカードは貰ってはいますが。ナイター中継も終わるし、この秋はまた少し国内中波を聞いてみますか。

738kHz ロシア語放送

思うところあって、少し前に殆どの記事を削除しました。
改めてスタートします。相変わらず、気の向いた時にゆる~くラジオを聞いています。

さて、最近仕事があまり忙しくなかったのですが、8/27は久しぶりに残業になりました。
ということで、久しぶりに会社から駅まで歩きながらラジオを聞いてみました。

738kHzはNHKの周波数ですが、21:00過ぎに何やらロシア語のトークが聞こえてきます。
しかも時折強力に。
ここ最近は810kHzでAFNに絡んでくる以外はロシア中波を聞いていなかったので新鮮です。
でも549kHzのMayakなき今、その810kHz以外は極東ロシア中波はほぼ全滅、と聞いていたので、
本当にロシアなのか?という思いも。雰囲気は極東ロシア局のものだったのですが。
ほんの5分程度の受信だったので、確認はまたの機会に、と思います。