FC2ブログ

新潟放送(ワイドFM)から返信



年末年始にラジオを聞いてレポートした局から返信が来はじめました。
実はその存在すら事前には知らなかった新潟放送のワイドFM、長野で受信しましたが、その返信物の中に、送信地と受信地点の距離、地形を示した資料が入っていました。

DSC_0522-2.jpg

距離は148km、山岳回折伝搬だと思います。
ところで今回の受信場所付近では、FM新潟はもちろんのこと、弱々しくですが、新津のコミュニティFM、柏崎のコミュニティFMが受信できます。柏崎も新津も、今回の送信所~受信地点の線上にほぼあるので、なるほど、と思った次第です。76.1MHzは新津よりも上越が受信できると思っていたので、最初に確認した時はビックリでした。
スポンサーサイト



2016年のBCLは?

なんとなく、2013年ぐらいからラジオを聞き始めた、というか再開した訳ですが、受信報告書を送った数は、2013年が13通。
しかもこれは5月から9月までの半年弱の数。それ以降は仕事が忙しくなってフェードアウト状態でした。

で、2014年はというと、ゼロ。。。
夏前までは仕事が忙しかったとはいえ、北海道旅行に行ったのに、ラジオを持って行ったのに何も聞かずに帰ってきたりとか、まあモチベーションが下がっていたというか、ヤル気メーターが下がっちゃってました。

2015年は、、、7通。
しかし、秋に関東いや東京でもワイドFMが開局したり、首都圏のFM中継局が増えたりと、なんとなく周りがラジオモードになってきた感じがします。それに、仙台、九州と遠出した際に聞いた局にレポートするなど、2015年は2014年とはちょっと姿勢が違っていました。

さて、2016年はどんな年になるでしょう。
既に年末年始に聞いたラジオ局に2通、受信報告を書いて送付しました。
受信報告書を書くだけがBCLではありませんが、数字が残るという面では活動のバロメーターになるかな。