FC2ブログ

中波用ループアンテナ その2

放置していたループアンテナ、260pFのポリバリコンでは容量不足のため低い周波数の同調が取れなかった訳ですが、ずっと前に買ったミズホの2連ポリバリコンがあるのを思い出しました。

で、箱の中をゴソゴソやって発掘。
DSC_0603_2.jpg

335pFの2連ということなので、並列に使って670pFになります。

ところでループアンテナは10回巻きの260pFバリコン使用で1000kHzのちょい下が同調下限、なのでインダクタンスは100μHぐらい、簡易的に11回巻きにしてみて900kHzのちょっと上が下限なので、110~115μHぐらいと推定。
ということは、10回巻きのままでは615kHz付近までしか同調が取れないことになります。11回にしても570kHz付近、もう一声欲しいところです。さてどうしたものか。

あと使ってみて思ったのが、意外と回転させるのが億劫だってこと。
なので、こんなもの買ってみました。
DSC_0604_2.jpg

100円ショップで売ってるテレビ用?パソコン用?回転テーブル。これを利用できないかな~と。

どっちにしても、作業は週末になるかな。
スポンサーサイト



中波用ループアンテナ

外出時に聞くラジオもいいんだけど、国内中波局も家で聞いてみようかな、と思ったら、単体では思ったほど聞こえない。これは、PL-380はガタイが小さく、バーアンテナも小さい(たぶん)ことに由来するのだろう、、、ということで、ループアンテナじゃないかと。

とりあえずアンテナ線を何かにグルグル巻いてバリコンで同調を取って、って考えていたら、あれ?俺、ループ作らなかったかな?って思い出しました。

もう10年ぐらい前、自立型で、出窓にでも置ける大きさのもの、ってことで50cm×50cmのループアンテナ。アンテナ線は1cm間隔で10回巻き。更にピックアップ用に1ターン。当初は昔使った430pF×2の2連エアバリコンを使おうとしていましたが、これがどこに行ったか行方不明で、結局このままお蔵入りになっていました。



ということで、こいつにとりあえず260pFのポリバリコンを接続。
ある程度予想はしていましたが、バリコンの容量が足りないため、同調下限周波数が1000kHzぐらい。ピックアップ用に巻いてあった1ターンを直結してみても、900kHzのちょい上ぐらいまでしか下限が下がりません。

ループの構造上、巻き数を増やすのは少々難しい。ということで、もっと容量の大きいバリコンを使うしかありません。
なけなしの、行方不明になったのとは別に秘蔵しているエアバリコンを付けるか、それともポリバリコンをもう一つパラで付けるか。更に、確かもう少し容量の大きいポリバリコンの秘蔵品があるのでこれを使うか。
ただ、大きさが実は中途半端(外に持ち出すには意外と大きいけど、自宅で本格的に使うものとしては小さい)なので、秘蔵したバリコンをガッツリと使うのもどこか躊躇っています。

いずれにしても、何か対策しないと中途半端なものになってしまうので、これを生かす方法を模索しています。

ちなみに性能の方は、今までラジオ単体では少々厳しかった四国放送などがよく聞こえていて、また指向性も結構出ていて、まずまずなようです。

ミズホ通信

中学生、高校生の頃から、ミズホ通信といえばカップラー、プリセレ、そしてデジタルマーカー。その他にもユニークな商品を数々出していたという印象ですが、なんといっても「ナゾのトライアングルアンテナ」。「謎の」ではなく「ナゾの」なのです。

確か中学生の頃、秋葉原でミズホ製ではありませんでしたが、モール、アンテナ線、エアバリコンがセットになったものを購入しました。で、組み立てが簡単な割になかなか良い。

その話を同級生に話したら「じゃ、俺も」ってことで、一緒に秋葉原に買いに行くことに。
しかし、どこに行っても「今、モールがないんだよね、、、」。
たまたまだったのかも知れないけど、恐るべし「トライアングル」という印象が少年の心には強く刻まれました。

それから幾星月、今から15年ぐらい前ですが、ハムフェアに行くと、ミズホ通信のブースが。しかもそこに立っておられたのは、高田社長じゃないですか!
少しお話させていただきましたが、物腰の柔らかい、私のような何も知らない不躾な輩にも丁寧に話される人柄の良さに、ああ、こういう大人になりたいな、と思いました。

昨日、ネットを徘徊していたら、高田氏が先月亡くなられたとか。
その後接する機会はありませんでしたが、ハムフェアで会った時のことがよみがえってきました。
面識がある訳ではなく、親しい関係にあったわけでもない私がこんなことを書くのはおこがましい気はするのですが、思い出したことを何か書かずにいられない気持ちになりました。

ご冥福をお祈りいたします。どうか安らかにお休みください。

FMサルースから返信

木曜日の朝に再投函したFMサルースから、なんと早速返信がありました。
驚きの返信日数2日!!!

DSC_0596_2.jpg

DSC_0597_2.jpg

FMサルースの受信報告書

横浜市にはコミュニティエフエム局が2局あります。
しかし、どちらへも受信報告書を送ったことがありません。
理由は簡単、自宅での受信状態がよくないからです。特に、青葉区のFMサルースはほぼ聞こえないといってよい状態です。
FM戸塚も、ベランダに出て聞こえる方向を探し、何とか聞こえる程度。同じ横浜市内、しかも我が家は高台にあるのですが。

だからという訳ではないですが、今月は「燈台もと暗し」解消月間、と銘打ち(そんな大したことではないですが)、いまだQSLを貰ったことのない、横浜市内のコミュニティエフエムへレポートしてみよう、という目標を掲げました。

ところが出鼻をくじいたのがインフルエンザ。久しぶりにかかってしまいました。
ということで今月は色々と低調なのですが、先日、やっと青葉区のFMサルースを聞く機会に恵まれました。

早速その日のうちにレポートを書き、昨年春に購入した「ラジオ番組表」に記載された住所へ送付。

が、しか~し、本日そのレポートが「あて所に尋ねあたりません」という赤いスタンプが押されて返ってきました。

えっ、何で?と思いネットで検索すると、FMサルースは「ラジオ番組表」に掲載された新石川から市が尾に移転していると。しかも2009年ですよ、移転してるのは。

おいおいなんてこった。82円返せよ三才ブックス、、、、

BCLラジオ本

ネットで「なつかしBCLラジオ大全」っていうBCLラジオの本が話題になっていたので、本屋で立ち読みだけしてきました。

とりあえず、購入は見送りました。ちょっと私とは波長が合わなかったような。

ちなみに最初に手にしたBCLラジオは、クーガ2200でした。今でも手許には置いています。
もう10何年も通電していませんし、なくなったツマミなどもありますが、処分は出来ないなあ。