FC2ブログ

自作ワイヤーアンテナバランの実験

先日札幌にも持参した、ロングワイヤー用のトランス(バラン)を試そうとと思い、3.5mと0.85mのショートワイヤーを準備しました。3.5mというのはFMの1波長をにらんだ長さ、0.85mの方は1/4波長を考えての長さです。
トランスはごく普通のトリファイラ巻きしたエレメントをFT-50#43というコアに9回巻いたもの。回路図や作り方はネットで検索すると色々出てくるので、そちらを参考にしてください。

まずは0.85mのワイヤーを接続。FMでは正直ロッドアンテナの方が信号が5db程度は強く、「あれっ」という感じ。ひょっとすると、外部アンテナ端子にはアッテネーターが入っているのかも知れません。札幌で、外部アンテナの方が76.1MHzのFMはまなすジャパン(岩見沢市)を聞くのに76.2MHzの三角山放送(札幌市)の影響なく聞けたのは、実はアッテネーターの効果だったってことかもですね。
試しに、短波もロッドアンテナと聞き比べてみます。すると、31mbや25mbでロッドアンテナより5~10dbほど信号がアップしています。確かにアッテネーターは入っているのかも知れませんが、FM帯ではトランスがマッチングしておらずアッテネーターを入れたのと同じような効果を出していたのかも知れません。トランスの作り方は短波を聞いている時代に得たものなので。FMにマッチさせるには、おそらく現在9回フェライトコアに巻いている巻き数を減らせばよいように思いますが、それでは何回巻きにすればよいのか。ああ、これもどこかに計算式が載っていたような。次の課題です。

次に3.5mのワイヤー。こちらはロッドアンテナより5db~10db感度が上がります。短波は、、、聞きそびれました。ただこの日はコンディションが良くないのか、これといったFM局は聞けず。やっぱり受信できる局数自体はダイポールで聞く方が格段に増えそうです。
スポンサーサイト



エフエム伊東から返信

3月に横須賀で受信したエフエム伊東なぎさステーションに受信報告を送りましたが、早速返信がありました。

DSC_1698.jpg

内容は、レター形式の受信確認証(ベリレター)、サンキューカード、ステッカー、プログラムと盛りだくさん。ありがとうございました。

実を言うと、伊東には開局前にテスト放送を受信してレポートを送ったのですが返信がなく、その後レポートを送る機会がありませんでした。PL-380を購入して自宅で受信できると判ると、むしろ「いつかレポートしよう」と思うだけになってしまっていました。

。。。本音を言うと、受信確認証はこのベリレターで本当に十分で、これを発行していただければ本当にうれしいです。わざわざサンキューカードを用意していただきましたが、カード形式へのこだわりは(少なくとも個人的には)全くありません。よくNHKへのレポートの返信で「ベリカードはないので申し訳ないがこの文書で確認」という旨のレターを見ますが、いやいや最初からそのレターで十分なんですよ、と言いたいです。局のロゴプリントがある用紙にデータを記載して「確認しました」の文言があれば本当によくて、受信確認証を受け付けないというコミュニティFM局が出てきていますが、カードを作成する予算が取れないなら簡単なレター形式でいいのになあって思います。そもそもそんな人的パワーがない、ということであれば仕方がありませんが。

横浜市 葛ヶ谷公園でFM受信

※4/17一部改訂
所用で横浜市都筑区へ。合間に近くの葛ヶ谷公園でFMを聞いてみました。
ここには、ちょっと小高くなった山のようなものがあって(古墳?)そこへ上る道も整備されています。
ちょっと鬱蒼としていて、緑も多いので気持ちいいです。

その、小高くなった山の「山頂」での受信です。
DSC_1697.jpg

Tecsun PL-380を持参したのですが、なんと筆記用具を忘れている。
ということで記憶している範囲で聞こえた局を。いつも聞こえる局などは割愛です。

76.7MHz 市原FM  しっかり聞こえる
78.2MHz むさしのFM? 弱い
78.9MHz 湘南ビーチFM 強力
80.3MHz NHK-(宇都宮) 強い
83.4MHz 世田谷FM 良好
83.6MHz 東京FM-青梅 まずまず
84.1MHz FMサルース 強力
84.3MHz 江戸川FM? まずまず
86.8MHz こしがやFM? 弱い
87.6MHz 渋谷のラジオ 弱い
88.8MHz NHK-(静岡) まずまず
93.9MHz 静岡放送補完FM 弱い
84.6MHz 茨城放送補完FM 強力

PL-380、附属ロッドアンテナ
2017/04/16 08:00~08:30

いずれもきちんとIDを確認していないので推定込みです。

NHK-FMの宇都宮とおぼしき局がよく聞こえたのでレディオベリーも狙って見ましたが76.5MHzのInter FMが強力過ぎてまるでダメです。
市原FMは自宅近くの公園でも受信できますが、葛ヶ谷の方が良好。都筑区近辺でカーラジオで76.7を聞くとちょいちょい市原が聞こえるので、条件が良いのでしょう。ちなみに、自宅ではこの周波数ではどうやっても聞こえるのは東京FM新島のみ、しかし近所の公園では市原しか聞こえないという不思議。自宅と公園は直線で200mほどしか離れていないのですが。
83.6MHzで東京FMの番組が聞こえたので帰宅後に確認すると青梅中継が出ている。結構聞こえていました。
もう一つの東京FM86.6MHzのちょっと上、86.8MHzでコミュニティFM。越谷だと思うのですが結構な距離があります。
昨年開局した渋谷のラジオ、閉局した渋谷FM78.4MHzは結構聞こえていたのですが、こちらはイマイチ聞こえません。しかし葛ヶ谷ではそこそこ聞こえていました。
自宅では全くカスらない横浜市青葉区のFMサルース、ここでは非常に良好です。不思議な感じです。
同じく自宅ではほとんど音にならない静岡放送のワイドFM。これも内容が判る程度に聞こえていました。そういえば最近自宅でチェックしていませんでしたが、これから静岡方面の局が良化する季節ですので、自宅でも聞こえるようになるかも知れません。

ロッドアンテナでの受信でしたが、外部アンテナを使うとまた違った結果になると思います。チャンスがあればトライしたいですね。

自撮り棒を簡易アンテナに

ダイソーの自撮り棒を2つ使ってダイポールにしたアンテナは、もう自撮り棒には戻せないようになってしまっていますが、これは「昼間は自撮り棒、部屋ではアンテナ」です。

ダイポールでも使っているフィーダー線、1.5C2Vという75Ωの極細同軸ケーブルですが、バランとの接続をピンプラグにしたのは収納性を一番に考えてのものでした。しかし、これは他のアンテナにも使える、ということで、ワイヤーアンテナ用のバラン、いわゆるMLBを用意していました。
「用意していました」と過去形なのは、そのように構想したのが約1年前、要は自撮り棒ダイポールと同時進行だったのですが、それ以降使う機会がなく、お蔵入りする寸前だったからです。最近になって、ダイポールはアンテナマストも必要だし、車での移動以外ではちょっと使いづらいので、ワイヤー系の移動アンテナも考えないと、と思い始めていたところでした。

で、今回のアンテナ。まずは300円自撮り棒を分解します。最近娘が300円ショップの3 Coinsで500円の自撮り棒を購入した(300円じゃねぇのかよ)ので、以前娘が使っていた奴が回ってきました。
DSC_1501.jpg

これを、例によって分解したパーツがちょうどテールに入るので、接続線をかませます。コードは出発前の夜、あわてて作りました。
DSC_1502.jpg

こんな感じで窓にたてかけて使います。アース側にはカウンターポイズとして1m程度のワイヤーを接続しました。FM受信を考えてあまり長くしない方がいいかなと思い1m程度にしましたが、特に根拠はなく「テキトー」です。


岩見沢のコミュニティFMがクッキリ受信できたり、一定の効果はあったと思うのでまた使って見たいです。
なお、昼間はまた本来の用途である自撮り棒として活躍してくれました。ただ安物なので、分解、組み立てを繰り返していると劣化が早いかも知れません。そうなったらアンテナ専用にするだけのことですがww

札幌市内でFM受信

札幌に一泊で家族と観光旅行に行ってきました。
朝、私は横浜より早く昇る朝日で目が覚めてしまいましたが、家族はまだ夢の中。ということでラジオを聞いてみました。
駆け足でFMバンドをリサーチ。

76.1MHz FMはまなすジャパン(岩見沢市)
76.2MHz (三角山放送局)(札幌市)
76.5MHz (FMアップル)(札幌市)
77.2MHz FMノースウェーブ(札幌大通)
77.6MHz (FMドラマシティ)(札幌市)
78.1MHz (ラジオカロスサッポロ)(札幌市)
78.6MHz (ラジオノスタルジア)(札幌市)
79.2MHz AIR’G(札幌大通)
79.5MHz FMノースウェーブ(小樽)
79.9MHz (FMメイプル)(北広島市)
80.4MHz AIR’G(札幌)
81.3MHz (さっぽろ村ラジオ)
81.6MHz NHK-FM(札幌大通)
81.9MHz AIR’G(小樽)
82.5MHz FMノースウェーブ(大通)
83.0MHz (FM白石With-S)(札幌市)
84.5MHz NHK-FM(小樽)
85.2MHz NHK-FM(札幌)
90.4MHz STVラジオFM補完放送
91.5MHz HBCラジオFM補完放送

局名にカッコつきは推定。県域局、NHKはパラチェックによる確認を含む。
ラジオ:Tecsun PL-310ET
アンテナ:80cm長 外付けホイップアンテナ

ホテルの部屋が17階の東向きというのも利してか、事前には聞こえないと思っていた岩見沢、北広島のコミュニティ局が受信できたのには驚きました。
岩見沢については、ラジオの内蔵ロッドアンテナでは隣の三角山放送の混信で全く了解できずでしたが、外付けアンテナに切り替えると多少ガサガサするもののクッキリ浮かび上がってきました。このアンテナ、例によって自撮り棒を使ったアンテナですが、別途紹介したいと思っています。

小樽中継が県域2局、NHKFMと聞こえたので、コミュニティFMも、と期待しましたがダメでした。
札幌市内のコミュニティFMは一応全部聞こえました。どの局も良好でしたが、17階というロケーションによる効果大だったのではないかと思います。
コミュニティFMについては、次に札幌に来ても受信は難しいかもと思い岩見沢だけログを取ってIDも確認しましたが、レポートを作成した後で公式サイトを見ると「ベリカードの発行は2010年をもって終了しました」と。う~ん残念、、、