FC2ブログ

PL-606(その3)

いきなりタイトルに偽りありですが、8月ごろにAmazonのタイムセールでXHDATA D-808というラジオを購入しました。
D-808はたぶん今年一番の人気ラジオだったんじゃないでしょうか、SSBも聞けてエアバンドも聞けて、これで録音用の出力端子がついていれば言うことないというラジオだと思います。

さて、このD-808の難点は、本体ではなく付属されているケース。ケースというか巾着袋なのですが、これがラジオのサイズと合ってない。インターネットで検索すると、やはり先人の知恵、この問題は既に解決されており、100円ショップのダイソーで売られている「電子辞書ケース」というのがピッタリだと。すぐに購入したところまさにその通りでした。

前置きが長くなりましたが、ここでふと思い当たったのがPL-606。こちらも巾着袋が付属しているのですが、D-808とは異なりオーバーサイズでブカブカです。巾着の紐を引いてもその紐を留める仕組みがないため、カバンにPL-606を入れておくといつも袋から飛び出していてケースの意味が全くありません。D-808のケース問題がインターネットで解決できるなら、ということでこちらも検索してみたのですがよい答えが見つかりませんでした。

DSC_0187_1.jpg

それなら自分で探すしかありません。まずは、ダイソーに行く時間がなくその時にすぐに行けたキャンドゥという100円ショップに行ってみました。しっくり来るサイズのものがなかったのですが、一応「Cushoned case」の「Multi Purposes B」というクッションケースを購入してみました。すると、袋の中でちょっとラジオが遊んでしまう感じです。それでも巾着袋よりはいいかと思ったですが、時間を作ってダイソーに行ってみたところ、「携帯ゲーム機ケース」というのがよさげでしたので買ってみました。

DSC_0124_1.jpg

はい、こちらの方がラジオのフィット感がよく、PL-606にはピッタリです。

DSC_0125_1.jpg

ということで、PL-606のケース問題はめでたく解消しました。

ところで、その後特に不満もなくそのケースに収めてPL-606を持ち運んでいた訳ですが、あるときBE-PALという雑誌を購入した時にサコッシュが付録としてついていました。実際はサコッシュというほど大げさなものではないのですが、あるとき閃いて、これにラジオマニアの付録の周波数帳とPL-606、メモ帳にボールペンを入れてみると驚くほどピッタリです。

DSC_0222_1.jpg

この場合はPL-606はダイソーの携帯ゲーム機ケースには入れない方がしっくり来ます。イヤホンを一緒に入れてしまうとちょっとキツくなりますが、入らないことはありません。山歩きの時などに、このサコッシュにPL-606を入れてザックに入れて持ち歩いています。さすがにラジオ目的の山歩きではPL-606だけでは心許ないので、その時はソレナリに装備していきますが。
スポンサーサイト