FC2ブログ

北海道のFM局 Eスポ受信

8/12、いつものように仕事に行く娘を車で送った後、毎度の場所でカーラジオを聞いてみました。

聞きなれない周波数で何か聞こえます。なんだろうなあと思っていると、中国語でした。
まだまだEスポ出てるんだな~と思いつつ、周波数を76.1MHzにしてみると「何か」が弱く聞こえます。日本語です。
しかしかろうじて日本語ということがわかる程度で話の内容はわからなかったのですが、聞いていると徐々に浮かんできて「高校野球の話題」といいつつ前日に試合があった南北海道代表の北照高校の話のみ。どうやら北海道のコミュニティFMではないかと。この周波数には釧路、帯広、稚内、岩見沢のコミュニティFM局がリストされています。そのほか、音になるかならないか程度で77.1MHzでも何か聞こえていました(富良野のCFMがリストされています)。

パワーのないCFMが聞こえるなら県域局(という表現は微妙?)はどうなんだ、と思いましたが、北海道のFM局はこちらではEスポが出てもものすごく聞きづらいです。AIR-G本局の80.4MHzにはFM横浜小田原中継、FMノースウェーブ本局の82.5MHzにはNHK東京と、ローカル局がいます。もっとも同じ関東でも神奈川県以外ではFM横浜の影響は小さいでしょうが。中継局も強力局に近い周波数が多く、受信は難しそうです。しかしそんな中、FMノースウェーブの旭川局79.8MHzが一番可能性があるかな?と思い合わせてみると、確かに何か受信できます。しかし非常に不安定で、09:00のタイミングでID確認できませんでした。しかしこれがノースウェーブなら、私はEスポでは初受信の局。AIR-Gの方は30数年前のまだFM北海道と称していた時代に、埼玉でEスポ受信してベリカードをもらっています。
スポンサーサイト