FC2ブログ

6/3 Eスポはロシアがオープン

6月からリモートワークがグッっと減ってしまいましたがゼロではありません。
ということで貴重なリモートワーク時の昼休みEスポ。

今日はロシア方面がオープンしていました。あまり中国語も聞こえず静かなFM帯。

12:50ごろ、69.32MHzをチェックするとロシア語。いつものRadio Rossii Primor'eでしょう。すっかりパイロット局となっているこの周波数のRadio Rossiiですが、所在地はVUDXCさんのTV FM受信ガイド2020によればDal'nerečensk(ダリネレチェンスク)、Google Mapsで検索するとウラジオストクとハバロフスクの中間ぐらいにある都市です。毎度、はるばるとそのような場所からFM電波が飛んでくると思うと感慨深いです。
そこから下に下がっていくと、68.36MHzでロシア語、しかし69.32とは別の番組です。今年何度か受信しているRadio Rossii Blagoveshchenskでしょう。この波といつもセットで聞こえる67.82MHzも同じ番組、つまりは69.32MHzとは別番組が聞こえます。67.82MHzを聞いていましたが、13:00前にRadio RossiiのIDが出ただけ。13:00からはニュースでしょう、69.32MHzと同じ番組になりました。

ツイッターを見ると、87.9MHzと89.6MHzでロシア語が聞こえると。87.9MHzはまた中国のHit FMだろうとスルーしたのが失敗。改めて87.9MHzを聞いてみるとロシア語が受信できました。89.6MHzは当地横浜ではInter FM 89.7MHzがいるのでよほど強力でないと苦しい周波数ですので受信できず。そこから上に行くと91.4MHzでロシア語。Radio Rossiiのニュースっぽいなと思いパラチェックをするとビンゴ、69.32MHzとパラです。TV FM受信ガイド2020にはRadio Rossii Khabarovskがリストされています。そのまま聞いていると13:10にハバロフスクのIDが出てローカルプログラムっぽい雰囲気になりました。

200603_914RossiiKhabarovsk.mp3

ところで87.9MHzのロシア局ですが、ツイッターでの情報ではRetro FMと確認できたとか。TV FM受信ガイド2020によればこれもハバロフスクの局なのですが、RDSに対応しているとあります。私が使用しているD-808はRDSに対応したラジオなので、ぜひともこれをキャッチしてみたいな~。時遅しかも知れませんが、そのためにアンテナを建てたいです。いや実は4エレ八木が箱に入ったままになっているのですが、これを家で使う予定はないんだよなぁ。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する