FC2ブログ

中波用ループアンテナ

外出時に聞くラジオもいいんだけど、国内中波局も家で聞いてみようかな、と思ったら、単体では思ったほど聞こえない。これは、PL-380はガタイが小さく、バーアンテナも小さい(たぶん)ことに由来するのだろう、、、ということで、ループアンテナじゃないかと。

とりあえずアンテナ線を何かにグルグル巻いてバリコンで同調を取って、って考えていたら、あれ?俺、ループ作らなかったかな?って思い出しました。

もう10年ぐらい前、自立型で、出窓にでも置ける大きさのもの、ってことで50cm×50cmのループアンテナ。アンテナ線は1cm間隔で10回巻き。更にピックアップ用に1ターン。当初は昔使った430pF×2の2連エアバリコンを使おうとしていましたが、これがどこに行ったか行方不明で、結局このままお蔵入りになっていました。



ということで、こいつにとりあえず260pFのポリバリコンを接続。
ある程度予想はしていましたが、バリコンの容量が足りないため、同調下限周波数が1000kHzぐらい。ピックアップ用に巻いてあった1ターンを直結してみても、900kHzのちょい上ぐらいまでしか下限が下がりません。

ループの構造上、巻き数を増やすのは少々難しい。ということで、もっと容量の大きいバリコンを使うしかありません。
なけなしの、行方不明になったのとは別に秘蔵しているエアバリコンを付けるか、それともポリバリコンをもう一つパラで付けるか。更に、確かもう少し容量の大きいポリバリコンの秘蔵品があるのでこれを使うか。
ただ、大きさが実は中途半端(外に持ち出すには意外と大きいけど、自宅で本格的に使うものとしては小さい)なので、秘蔵したバリコンをガッツリと使うのもどこか躊躇っています。

いずれにしても、何か対策しないと中途半端なものになってしまうので、これを生かす方法を模索しています。

ちなみに性能の方は、今までラジオ単体では少々厳しかった四国放送などがよく聞こえていて、また指向性も結構出ていて、まずまずなようです。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する