FC2ブログ

自作ワイヤーアンテナバランの実験その2

なかなか記事を書く時間が取れませんでしたが、ゴールデンウィーク初日の4/29の夕方、自宅近所の公園で再度3.5mワイヤーとトランス(MLB)の組み合わせで実験してみました。

トランスは地面から30cm程度の高さに、低い植木を利用してくくりつけ、そこから近くの木の枝へ。ラジオは同じくPL-310ETです。

FM、なんかバンド全体がガサガサした感じで、微弱な電波が聞こえているのがその周波数にいる弱い局なのか、それとも他の周波数の局のイメージ受信なのかよくわかりません。ということで、使いものにならず。ということで今度は短波にしてみると、、、、どういう訳だか、75mbから25mb、19mbまで、あらゆるバンドでRadio Korea Internationalの日本語放送が混入してきて、要はオバケ信号だらけ。

さすがにこの結果には少しヘコみました、、、、さてどうしたものか。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する