FC2ブログ

コミュニティFM返信状況

湘南国際村で聞いた、星槎学園の湘南マジックウェイブからベリカードが届いています。

DSC_2558.jpg

インターネットでの情報によれば「大型の封筒で、A4サイズのステッカーが送られてくる」という話だったので、返信用切手は120円切手を同封したのですが、不足だったようで10円切手が2枚追加で貼られていました。申し訳ない、、、

DSC_2559.jpg

ということで、同局にレポートする際は140円切手を同封することが望ましいと思います。
140円同封しなくても返信はあると思いますが、長い目で見るとそういうのがこの趣味を蝕んでいくような気がして、、、っていうか、要求してくれればいいのになぁ、って思います。

今年出したレポートのうち、コミュニティFMからの返信率があまりよくありません。
オタクの遊びにつきあってる暇はない、って言われりゃ仕方ないですし、QSL発行は義務ではないので、とはいってもね。
地方に行って聞いた局から返信がないと、何かその地方そのものの印象が悪くなるように感じてしまいます。
ただ、コミュニティFMの返信率って結構下がっているというか「ベリカードがない」ではなく「受信報告を受け付けない」というスタンスの局が増えてきていつのは気になります。

ちなみに今年レポートして返信が来ない局をいくつか紹介すると、
1)海老名のFMカオン。ネットを検索する限り、2015~16年あたりから返信を得たという話はないみたいです。
2)茨城県大子町のFMだいご。場所が場所だけに「レポート送った」という話自体少ないのですが、一応観光地なんだし、もう少しアピールしても、って思いますが。
3)郡山のKocoラジ。元々「返信に時間がかかる」局らしいですが、ここも最近は返信を受け取ったという話はないっぽいです。
4)渋谷のラジオ。まったくのナシのつぶてです。

まあ、どの局もいつか返信してくれることを願って首を長くして待っています。

「ラジオ番組表2017」のコミュニティFMリストには「ベリカード」「ベリレター」と記載されているけどQSLを発行していないことを明言している局もいくつかあります。たとえば朝霞市のFMすまいる、入間市のFM茶笛、FM越谷はホームページで「受信報告は受け付けない」と明記しています。どの局も、以前は確かにQSLを発行していたはずです。

コミュニティFMのQSLは、発行してくれるうちに貰っておくのがやはり鉄則ということになりますね。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する